お悩み解決☆京都での前撮り6サイト

   top > 京都の前撮り情報 > 前撮りはスタジオまたは京都や海外など撮影場所が選べる

前撮りはスタジオまたは京都や海外など撮影場所が選べる

 前撮りは、一般的には結婚式や披露宴の前に撮影しますが、最近は結婚式が終わったあとにゆっくり撮影する後撮りも人気が高まっています。
前撮りも後撮りも式とは違う日の撮影となるためバタバタとせずにゆっくりと時間をかけて撮影することができます。
別撮りと呼ばれることもあります。
前撮りのメリットは、時間のない結婚式や披露宴当日撮影するよりも、ゆっくり撮影することができる点です。
場所は二人の記念の場所や海外などが選ばれますし、当日結婚式や披露宴でドレスのみで和装を着ない人には、京都で和装で撮影する人も少なくありません。
前撮りにすると、結婚式当日のリハーサルのように衣装を着用することもできます。
撮影スタイルは、天候に関係なく、好きな衣裳や小物、背景を選ぶことができるスタジオでの撮影や京都や桜の下など屋外の雰囲気や季節感を出すことができるロケーション撮影の2パターンあります。


 衣装は白無垢や和装を着用できる和装またはドレスの洋装どちらも選ぶことができます。
費用は撮影場所や着用する衣裳、アルバムやデータ保存する枚数によって異なります。
ロケーション撮影するよりも、スタジオ撮影のほうが安い金額になり、洋装のほうが若干費用を抑えることができます。
撮影した写真はプリントして残すだけでなく、データ保存すること可能です。
前撮りするまで多少の期間があれば、結婚式や披露宴にはゲストを迎えるときに使うウェルカムボードように利用することもできます。
自宅に飾ることもできますし、結婚報告用のポストカードにすることもできます。
撮影は専用のスタジオだけであく、ブライダルサロンや結婚式場の撮影スタジオなどでも依頼することができます。
撮影場所の選択や写真の活用方法など依頼する場所によって異なります。


 情報収集してから撮影を依頼する場所を選ぶようにします。
衣裳や撮影イメージは依頼したとき固めてはおきます。
イメージが掴めない場合には事前にしっかりイメージを固めておきます。
当日は、店舗にて着付けやヘアメイクを行います。
スタジオの場合には撮影に入りますが、ロケーション撮影を依頼した場合にはロケ地に移動して撮影がスタートします。
ロケーション撮影が終わったら着替えをしたら撮影した写真をチェックして選んでいきます。
当日撮影にかかる時間は1~1時間半ほどですが、準備や写真選びも行う場合もあるため、半日ほどは予定として時間を抑えておきます。
前撮りは、結婚式や披露宴の1~2ヶ月程前に行うことが多いです。
結婚式まで期間をあけないと、他に準備することが多くなります。
写真の仕上げまで2週間~1ヶ月ほどかかるので、結婚式や披露宴、結婚報告用に使う場合には早めに撮影するようにします。

次の記事へ

カテゴリー