お悩み解決☆京都での前撮り6サイト

   top > 京都の前撮り情報 > 京都らしさを存分に感じさせる前撮りが人気

京都らしさを存分に感じさせる前撮りが人気

 京都では、着物姿で街を散策するとさまざまな観光スポットを割引料金で利用できる制度を作っています。
西陣織で有名な京都でも、着物を着る人は少なくなっていますので、できるだけ大勢の人に着物を着てもらい、楽しみながらメリットを享受してもらいたいということで、さまざまな取り組みの実践に余念がありません。
そんな京都は、結婚式の写真を先に撮っておく前撮りの舞台として人気があります。
桜が満開になる季節は、京都のあちこちに非常に美しい桜の鑑賞スポットが登場しますので、満開の桜の下で、あるいは桜吹雪がちらちらと舞い散るなかで前撮りをすれば、非常に美しい写真が出来上がることでしょう。
そんなときの前撮りのいでたちに和装が似合うのは、京都という街の特徴といえるのではないでしょうか。


 今や結婚式ではウェディングドレスにタキシード姿が定番ですし、教会で神父による導きのもと、結婚を誓い合うというのが一般的ですが、日本人の多くは特定の宗教はもちろんのこと、神のことさえも信じていないという人が圧倒的多数です。
そのため、教会での結婚式はあくまでもパフォーマンスのひとつと言っていいでしょう。
それに比べて角隠しと呼ばれる和装を選んだ場合は神前での挙式が多くなりますので、宗教に関心のない日本人も神前での結婚式は厳かな雰囲気が漂います。
結婚式は教会で行うというカップルが前撮りのためには京都を選ぶのは、京都という街は和装が似合うだけでなく、神前での和装の厳粛な式をイメージさせるからではないかと考えられます。
遠くからはるばる前撮りのためにやってきたとしても、京都にしかない雰囲気を得られるなら、来る価値があると考えているのでしょう。


 写真館に行って前撮りをするのであれば、写真館の中でドレスから和装まで着こなすことができるところを選ぶか、立地条件を調べ、多少の外出ならOKというところにして、雰囲気のいい屋外で写真を撮ってもらうことにするのかなど、写真館選びも前撮りの重要な要素です。
写真館の中でこれぞ結婚写真と言える究極の一枚を撮ったら、少し外へ出て、京都らしさを感じられる場所でも撮影してほしいと思うでしょう。
特に和の雰囲気に惹かれてわざわざ京都へやってきたカップルなら、街中や観光名所での写真も撮ってもらいたいと考えているはずです。
一日一組限定で、車に乗せて希望する場所へあちこち連れて行ってくれて撮影をするという写真店もあります。
これならいろいろなシチュエーションで前撮りができ、十分に満足できることでしょう。

次の記事へ

カテゴリー