クリニックを開業する時には、3つのことを重点的に準備しなければなりません。まず大切なことは広告です。これが不十分だと患者さんは集まりません。新聞の折り込み広告だけではなく、ネットも有効に活用しましょう。2つ目のポイントはスタッフです。スタッフは患者さんに親身になって接することができる人でなければなりません。スタッフの教育は医療のコンサルタントに頼むのが良い方法です。3つ目のポイントは、病院内の設備です。できるだけ居心地の良い空間にするする必要があります。ウォーターサーバーやテレビを備え付けるようにしましょう。本や漫画があれば、待ち時間が長くなる時に患者さんが退屈しないで、過ごすことができます。椅子の座り心地や待合室の日当たりなども調べましょう。

開業の前に病院の広告に力を入れる

クリニックを開業する時は、広告に注意を払いましょう。クリニックのことを分かりやすく説明した広告を、新聞の折り込みチラシとして配るようにします。専門とすることについて、分かりやすく書いていれば、患者さんは病院に足を運びやすくなります。専門用語を使わないで、普通の言葉で病院のことを説明しましょう。インターネットを活用することを忘れてはいけません。まずホームページを作りましょう。ホームページに開業する病院のことを詳しく書いておきます。それからアクセスの方法や診療時間も目立つところに記載しましょう。専門とする科についての情報を書いておけば、患者さんに良い印象を与えることができます。例えば、糖尿病を専門にするのなら、その病気の治し方や薬の使い方についてホームページに書きます。

質の良いスタッフを集めて、待合室の環境を整える

質の良いスタッフがいなければ、病院の評判は落ちてしまいます。病院に来る患者さんは不安を感じているので、その気持ちを理解できる人を選ばなければなりません。できるだけ勤務の条件を良いものにしましょう。特に残業を失くすか、減らすことが大切になります。それをすれば、スタッフは集まりやすいです。スタッフの教育に時間を割くのは難しいので、医療コンサルたんに依頼します。待合室の環境は、患者さんが過ごしやすいものにしましょう。照明やエアコンの調子、椅子の座り心地などいろいろなことを、細かにチェックします。ウォーターサーバーがあると、歓迎されることが多いです。夏も冬も待合室で待っていると、喉が渇くことが多いからです。本や週刊誌、コミックは置いた方が良いでしょう。待ち時間を退屈しないで、患者さんが過ごすことができます。